トラックドライバーの仕事って?必要な免許とは?

2019年7月30日

トラックドライバーの仕事内容とは?

1日中道路には多数のトラックが走っていますが、具体的にはどんな仕事をしているでしょうか。トラックに会社の名前が記されていることが多いため、その名前から何となく何を運んでいるのかが分かる場合もありますが、具体的な仕事内容について詳しく知る人は少ないかもしれません。トラックドライバーの仕事とは、基本的には依頼を受け指定された荷物を荷揚げした場所から荷卸しをする場所まで運ぶことです。長距離を移動することが非常に多いため、夜通し走ったり、途中でトラックの中で仮眠をとったりするようです。ずっと運転をする仕事のため、体力が必要ですが、一人で運転している時間が長いため、必要以上の人間関係などに煩わされることなく自分のペースで仕事ができるという利点があります。

トラックドライバーの仕事に必要な免許とは?

トラックドライバーの仕事にも、いくつかの種類があります。大型トラックドライバー、中型トラックドライバー、小型トラックドライバーなどです。まず、大型トラックドライバーとして働くためには、大型自動車免許(11t以上)が必要となります。中型トラックドライバーとして働く場合は、中型自動車免許(5t以上11t未満)が必要です。中型の場合は、日帰りで仕事ができるケースが多いようです。次に小型トラックドライバー(2t、3t)として働くならば、普通自動車免許があれば大丈夫です。小型ドラックドライバーは、国内の大手企業も多数参入していて、普通自動車免許があれば勤務をスタートすることができるため、人気の仕事となっています。

トラックドライバーの求人は件数が多いので、仕事内容を見比べることが大切です。長距離運転のドライバーから宅配便のドライバーまで、さまざまな種類の求人が出ています。