住み込みってどんなところに住むの?住居費はかからないの?

2019年8月1日

住み込みのタイプを確認する

大手会社の中には地方に工場を持っているところがありますが、地元だけでは従業員を賄えないところもあるようです。そこで期間工を全国から募集しますが、採用された人は住居を探さなくてはいけません。全国から働きに来やすいよう住み込みができる施設がある工場があるので、応募の検討をしてみると良いでしょう。ただ住み込みの施設にもタイプがあり人によっては合わない可能性があるので、事前にどんなタイプかを確認する必要があります。寮のタイプだとその工場が建物自体を管理していて、各人が個室や複数人で寝られるようになっています。それ以外にあるのは外部の賃貸物件の借り上げです。プライベートを気にするなら個室で住み込みができる求人を探した方が良いでしょう。

住み込みだと住居費はかからないか

地方の工場の求人に応募するとき、住み込みができるところとできないだとどちらの方が良いかです。できなければ現地で自分で住むところを探して更に賃料なども払わなくてはいけません。住み込みなら工場が住むところを提供してくれるので、物件を探す必要はないですし賃料も必要ないように感じるでしょう。確かに住み込みは別途賃料を払う必要はありませんが、賃料が全くかからないケースは少ないです。給料から天引きされればその分手取り額は少なくなるでしょう。住み込みの方が賃料分多少お得になるケースが多いでしょうが、仕事以外の時間を考えると別途自分で借りた方が良い時もあるでしょう。現地の賃料相場などを調べて比較するとお得な求人が探せます。

エヌエステックの求人情報なら